CSリベンジ達成! それでもガンバ長谷川監督は広島のパフォーマンスも称賛

「質の高いサッカーをしていた」

「質の高いサッカーをしていた」

G大阪の指揮を執る長谷川健太監督 photo/Getty Images

天皇杯準決勝が29日に開催され、ガンバ大阪がサンフレッチェ広島に勝利して決勝への切符を手に入れた。試合後にG大阪の指揮を執る長谷川健太監督がインタビューに応じた。Jリーグ公式サイトが伝えている。

チャンピオンシップ決勝の再戦となったこの試合を「広島が相手ということで選手たちも気持ちが入った」と話す長谷川監督だが、過密日程のなかでも変わらぬパフォーマンスを披露したJリーグチャンピオンを称賛している。

「広島はチャンピオンシップに比べて、クラブワールドカップで怪我人が出たり、疲労などでベストコンディションではなかったが、天皇杯のベスト8の試合を見てもチームとして自信を持っているし、誰が出ても戦うんだというチームとして質の高いサッカーをしていた」

それでも試合は3‐0でG大阪の完勝。長谷川監督は「分かっていてもなかなか止められない相手の攻撃を、最後まで体を張って無失点に抑えることができた」と勝利のポイントを説明した。決勝戦については、日本サッカー協会公式サイトを通じて「勝たなければ意味がない」と伝え、天皇杯連覇を誓った。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ