ミランからモナコへ移籍したエル・シャーラウィが今冬にセリエA復帰か

ミランがUCL出場権を争うライバルクラブに?

ミランがUCL出場権を争うライバルクラブに?

モナコで適応に苦労するエル・シャーラウィ photo/Getty Images

サイドのポジションを用意できないからとの理由でミランがモナコへ放出したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが、セリエAへ戻ってくるかもしれない。

伊『カルチョメルカート』によると、フィオレンティーナとラツィオがエル・シャーラウィの獲得を狙っているという。エル・シャーラウィは出場機会を求めてモナコへ移籍したが、ここまでリーグ戦での先発出場はわずか7試合にとどまっており、未だに得点を奪えていない。フランスのフットボールへの適応に苦戦しているのは明らかで、EURO2016でイタリア代表入りを狙う彼にとっても慣れ親しんだセリエAへの復帰は魅力的だ。

一方のミランはシーズン途中のシステム変更でサイドハーフが必要になっており、ジェノアのディエゴ・ペロッティやエヴァートンのケビン・ミララスなどを急いでリストアップしている。エル・シャーラウィが残っていればサイドでの活躍が見込めただけに、これで彼がチャンピオンズリーグ出場権を争うライバルのフィオレンティーナに行った場合は悔やんでも悔やみきれない。ラツィオもサイドのアントニオ・カンドレーヴァがインテルやバルセロナに目をつけられており、移籍に備えてエル・シャーラウィをリストアップしているようだ。

ミランを今後数年にわたって支えることになると言われた逸材は、フィオレンティーナらライバルクラブへ行ってしまうのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ