[移籍]ボルシアMG、ドルトムントMFホフマンの獲得を発表 来年23日には古巣対戦控える

クラブSDも獲得に喜び

クラブSDも獲得に喜び

ドルトムントでは定位置を確保できなかったホフマン photo/Getty Images

ボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)は29日、ドルトムントからMFヨナス・ホフマンを獲得したことを発表した。同選手との契約は2020年までとなる。

ホフマンはドイツ中部ハイデルベルク出身の23歳。ホッフェンハイムの下部組織から2011年にドルトムントへ移籍。高いテクニックが持ち味の有望株で、昨季はマインツに期限付きで移籍していた。今季は更なる飛躍に期待がかかったものの、ヘンリク・ムヒタリアン、ゴンサロ・カストロ、マルコ・ロイスら実力者の存在によってコンスタントな出場が叶わず、前半戦はリーグ4試合の先発に止まった。

ボルシアMG公式サイトではマックス・エーベルSDのコメントが紹介されている。

「ヨナス・ホフマンはシーズン後半戦の戦いで負傷者を抱えるサイドプレイヤーの部分を補ってくれるだろう。しかし、我々は彼の獲得をより長期的な戦力向上として見ている。ヨナスはドルトムントとマインツで才能に恵まれた選手であるということをすでに示している」

ボルシアMGは現在パトリック・ヘアマン、アンドレ・ハーンといった主力が離脱中のため、ホフマンにかかる期待は非常に大きい。後半戦最初の一戦は奇しくも古巣ドルトムントとの一戦(1月23日)となるが、この試合の出場にも期待がかかる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ