マンチーニが右サイドバック確保へ、マンC時代の教え子に注目

攻守に走れるベテランをリストアップ

攻守に走れるベテランをリストアップ

マンチェスター・シティでプレイするサバレタ photo/Getty Images

インテルの指揮官ロベルト・マンチーニは、右サイドバックに自らの教え子を加えようとしている。

伊『カルチョメルカート』によると、インテルはマンチェスター・シティDFパブロ・サバレタの獲得を狙っているという。サバレタはマンチーニがマンC時代に重用していたサイドバックで、クラブとの契約は2017年までとなっている。

インテルは今夏に獲得したマルティン・モントーヤがフィットせず、新しい右サイドバックを探している。サバレタの他にもパリ・サンジェルマンのファン・デル・ヴィールを狙っていると噂されており、縦への推進力を持つ選手を積極的にリストアップしているようだ。

日本代表DF長友佑都も右サイドを担当できるが、サバレタかファン・デル・ヴィールが加入すれば右サイドバックのポジション争いはより激しいものになるだろう。左サイドではアレックス・テレスとの争いも続いており、まだ指揮官の信頼を勝ち取ったわけではない。

DFが多すぎるとの声もあるインテルだが、今冬かあるいは今季終了後に右サイドバックの補強に動くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ