複数クラブが関心を示すドルトムントMFの新天地はボルシアMGが濃厚に

主力離脱のボルシアがライバルから引き抜き

主力離脱のボルシアがライバルから引き抜き

ホフマンの移籍先がほぼ決定 photo/Getty Images

ドルトムントMFヨナス・ホフマンの移籍が決定的となった。

独『ビルト』は28日、ホフマンがボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)のメディカルチェックをパスし、契約が間近になったと報じた。同紙によれば移籍金は800万ユーロとなる見込みだ。

リーグ前半戦を終えて2位ドルトムントにとって4位のボルシアMGは直接のライバルであるが、交渉は順調に進んでいたようだ。ボルシアMGはパトリック・ヘアマン、アンドレ・ハーンなど複数の主力が戦列を離れており、冬の補強が必須だった。一方でホフマンもドルトムントでコンスタントな出場機会を得られていなかったため、新たなステップを踏むことが以前から予想されており、獲得候補にハノーファーやホッフェンハイムが挙がっていた。

ホフマンはドイツ中部ハイデルベルク出身の23歳。ホッフェンハイムの下部組織から2011年にドルトムントへ移籍。高いテクニックが持ち味の有望株で、昨季はマインツに期限付きで移籍していた。今季はリーグ7試合に出場したが、そのうち先発は4試合に止まっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ