ファン・ハールもついに弱気? 「モウリーニョに起きたことが私にも起きるかも」

クラブからの信頼は強調するも……

クラブからの信頼は強調するも……

マンUを率いるファン・ハール監督 photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは28日に行われたプレミアリーグ第19節のチェルシー戦を0-0で引き分けた。これによりユナイテッドは公式戦ここ8試合で勝利を収めていないことになる。

試合後の会見で“いつものように”不機嫌なファン・ハール監督だったが、今後の自身の立場を案じているかのような発言も飛び出した。

「私のことを危機的状況だと煽っているのは外部の人間にすぎない。クラブ内部の関係者や選手らは常に最前線で戦う姿勢で挑み続けているんだ。もちろん監督である私も戦う気持ちを持っている。スタッフだってそうだ。そしてクラブ幹部はそんなスタッフや監督に大きな信頼を置いているよ。ごちゃごちゃと騒いでいるのは単に周囲の人間であり、マンチェスター・ユナイテッドの中の人間ではない。あなたたち報道陣もその中の一部だ」

「クラブが監督を解任するというジャッジを下さなければならないこともあるのは知ってる。私は常に自分の価値観で物事を見ているが、それがいつも正しいことかどうかは分からない。変化が常に繰り返される慌ただしいサッカー界では、解任や売却といった様々な出来事が毎日のように起こる。あのジョゼ・モウリーニョにもそういったことが起きたわけだから、この私にだって起こるかもしれないね」

昨季チェルシーにリーグ優勝をもたらしたジョゼ・モウリーニョの解任は、ファン・ハール監督にとってももはや他人事とは思えないのかもしれない。マンチェスター・ユナイテッド、そしてファン・ハール監督には、後半戦での華麗なる巻き返しを期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ