こんなに変わった! マンC、サンダーランド戦で新エンブレムお披露目

歴史的背景を重要視したデザインに

歴史的背景を重要視したデザインに

サポーターが掲げた新エンブレムのビッグフラッグ photo/Getty Images

マンチェスター・シティはプレミアリーグ第18節のサンダーランド戦で、2016年夏から正式に使用する新エンブレムのお披露目を行った。

今まで起用されていたエンブレムから3つの星と鷲がなくなり、形が丸型に変更。船とバラを表現した絵柄となり、1972年から1997年まで使用されていたエンブレムに近いデザインに回帰しているが、より現代的にアレンジされている。

クラブの公式サイトによると、マンチェスター船はマンチェスター市の過去の産業を表現しており、過去3度のエンブレムで起用された一番人気の絵柄。レッドローズは、マンチェスターの紋章の起源、ランカシャー州との繋がりを表現しているという。

ファンの意見を募った結果、マンチェスターの過去の歴史を重んじたデザインになったことから、マンチェスターのサッカー歴史家であるギャリー・ジェームズ氏は「ファンの皆さんが過去の歴史を重んじて選んだことを嬉しく思う」とコメント。現役選手で一番の古株となるGKジョー・ハートは「新しいエンブレムを付けたユニフォームで戦うのをとても楽しみにしている」と話した。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ