結局誰がいちばんの名将? 2000年以降の指揮官ランキングTOP10

最も優秀な指揮官は……

最も優秀な指揮官は……

香川の恩師クロップもランクイン photo/Getty Images

チェルシーの3シーズン目で大失敗したジョゼ・モウリーニョ、リヴァプールで思ったほどの結果を残せていないユルゲン・クロップ、バイエルンで圧倒的な強さを見せているジョゼップ・グアルディオラと現代サッカーには個性の強い指揮官が揃っているが、果たして誰が1番の名将なのか。伊『カルチョメルカート』は独自のランキングで2000年以降の名将TOP10を紹介している。

10位:ウナイ・エメリ

9位:ユルゲン・クロップ

8位:ユップ・ハインケス

7位:ラファエル・ベニテス

6位:ディエゴ・シメオネ

5位:ビセンテ・デル・ボスケ

4位:アレックス・ファーガソン

3位:カルロ・アンチェロッティ

2位:ジョゼ・モウリーニョ

1位:ジョゼップ・グアルディオラ

1位は恐らく満場一致でグアルディオラとなるだろう。現代サッカーのトレンドを生み出す彼のアイディアはサッカーファンを唸らせるものばかりだ。アンチェロッティがモウリーニョよりも下という結果に納得できない人もいるだろうが、同メディアはモウリーニョが絶対的な優勝候補ではなかったポルトとインテルを率いてチャンピオンズリーグを制覇したことを高く評価した。

その他にも中堅クラブを率いて国内リーグ制覇を達成したクロップとシメオネ、 ヨーロッパリーグを制覇したエメリも選ばれている。指揮官の手腕だけを見ればエメリのように中堅クラブを率いて結果を残している方が評価の対象となりやすいのかもしれない。指揮官は好き嫌いが分かれるジャンルだが、現代サッカーNo.1の名将は誰なのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ