ガンバユースから初めてトップチームに昇格した男・宮本恒靖がユースの監督に

G大阪で12年間プレイ

G大阪で12年間プレイ

G大阪での宮本恒靖 photo/Getty Images

21日にJリーグアウォーズが開催され、功労選手賞を受賞した宮本恒靖氏がスピーチを行った。

今年からジュニアユースの監督を務めて指導者としてのキャリアをスタートした宮本は、「来年はガンバユースの監督をすることになりました」とスピーチで発表。続けて、「指導者としてJリーグを支えていけるような選手を育成すること、そして自分が指導者をしてやっているということを少しでも皆さんに知ってもらえるように、日々精進をしていきたい」と指導者としての今後の意気込みを語っている。

さらにスピーチ後にインタビューに応じた宮本は、これからの自身のプランについても言及。ユースチームを率いる来季も含めて短期的な観点では「良い選手を育てたい、チームを強くしたい」と話し、長期的には「日本でサッカーがもっと大きなものになっていけるように貢献していきたいと思っています」と野望を話している。

ガンバ大阪ユースは今季プレミアリーグウエストで優勝を果たしたものの、チャンピオンシップで敗戦している。来季は雪辱を果たすために、宮本新監督のもとで飛躍を遂げるだろう。さらにG大阪はU-23チームのJ3参戦が決定しており、ユースチームからも多くの選手が送り込まれることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ