レアルでも年末恒例“絶対に笑ってはいけない”!? ラージョ戦で失点直後に笑顔がバレたイスコはその後……

最終的には大勝するも……

最終的には大勝するも……

レアルでプレイするイスコ photo/Getty Images

20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節レアル・マドリードvsラージョ・バジェカーノの一戦で、レアルのMFイスコはベンチスタートのまま最後まで試合に出場することなく終わった。

その華麗なテクニックと身のこなしから、スペインでも非常に人気の高いイスコだが、どうやらこの試合中に同クラブのラファエル・ベニテス監督を怒らせてしまったようだ。スペインメディア『ラ・セクスタ』が報じている。

同メディアによればイスコは、前半12分にラージョのホサベドのゴールでレアルが逆転され、スコアが1-2となった直後に失態を犯してしまったようだ。レアルにとっては痛恨の逆転弾を決められる悪い流れとなったその瞬間に、イスコはベンチで笑っているのがバレてしまい、そのことでベニテス監督は激怒し同選手を起用することをやめたという。

その後、試合は急展開しレアルのゴールラッシュが繰り広げられ、お祭りムードとなったがイスコにとっては少々ほろ苦い1日となってしまった。

なおイスコは今季のチャンピオンズリーグには6試合すべてに出場し、国内リーグでもベンチスタートからそのまま不出場に終わったのは今回が初めてだ。選手同士がベンチで仲良く談笑するシーンはよくあることだが、今回は少しタイミングが悪すぎたのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ