「私がリヴァプールの監督だったら……」キャラガー氏が補強のポイントを指摘

GKの補強は特に噂されるが

GKの補強は特に噂されるが

リヴァプールの監督を務めるクロップ photo/Getty Images

シモン・ミニョレとアダム・ボグダンのパフォーマンスが安定しないことから、この冬新たなGKを獲得するのではないかと噂されるリヴァプール。GKの補強だけでなく、ユルゲン・クロップ監督は1月の移籍市場でどのような補強をするのだろうか。

英『スカイ・スポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏はリヴァプールの補強ポイントを次のように指摘した。

「ワトフォード戦(0-3)のような結果とパフォーマンスでは、クロップも補強を考えなければならないだろう。もし私がリヴァプールの監督だとしたら、GKと2人のセンターバック。そして守備的な中盤が必要だと思う」と最終ラインを含めた後方の主軸の強化が必要だと語った。

リヴァプールは15節のニューカッスル戦以降、4試合勝ち星を掴めておらず、年内のあと2試合では首位に立つレスター・シティとの対戦も控えている。シャルケに所属するカメルーン代表DFジョエル・マティプの獲得に動くと噂されるが、指摘されたポジションで望むような補強を済ませ、チームを立て直すことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ