ボアテングのミラン正式加入が迫る ミランCEO「1月4日に登録」

正式に加入へ

正式に加入へ

10月に行われた親善試合に出場したボアテング photo/Getty Images

現在ミランで練習を続けているMFケビン・プリンス・ボアテングの正式加入が迫っている。

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは21日、伊『スカイ』に対して「我々は1月4日にボアテングを正式に登録するつもりだ。それにともなって彼はセリエAで起用可能となる」と話し、具体的な加入予定を明かした。ミランは1月6日にウィンターブレイク明け最初の一戦となるボローニャ戦を控えているが、この試合からボアテングがベンチ入りを認められる。

ボアテングにとっては2年半ぶりのミラン復帰だ。ガーナ代表MFは2010年から2013年までミランでプレイし、10-11シーズンのリーグ優勝などを経験している。生まれ育ったドイツの名門シャルケでも主力としてプレイしていたが、素行や練習態度の悪さを理由に今年5月、クラブから戦力外通告を受けていた。現在も所属はシャルケとなっているが、今回と契約で晴れて満了となる。独『キッカー』によれば、ボアテングはまず来年6月までの契約を結ぶ見込みだ。

ミランは首位インテルと勝ち点差8で6位に着けている。試合から遠ざかっている点が気がかりだが、ボアテング加入は後半戦にポジティブな影響を与えることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ