モウリーニョのチームの再現!? ここまでのインテルが3冠達成時と似ていた

17試合終了時点の勝ち点と日程が似ていると話題に

17試合終了時点の勝ち点と日程が似ていると話題に

スクデット獲得を目指すマンチーニとインテル photo/Getty Images

20日に行われたインテルとラツィオの一戦は、インテルにとって非常に重要なゲームだった。首位の座を固めて2016年を迎えるとともに、かつて3冠を達成したジョゼ・モウリーニョが率いた当時のチームと並ぶためだ。

伊『カルチョメルカート』によると、モウリーニョが3冠を達成した2009-10シーズンは開幕17試合で12勝3分2敗の成績を残し、勝ち点39を稼いでいた。そして今季のインテルもラツィオ戦が始まる前の時点で11勝3分2敗の状況で、ラツィオ戦に勝利すればモウリーニョが率いていたインテルに数字で並ぶことができたのだ。

しかも、当時のインテルも第17節の相手がラツィオだった。まるでモウリーニョ政権と同じような道をたどっており、サポーターの中には当時のチームと重ね合わせている人もいるだろう。同メディアもまるでモウリーニョのチームだと伝えており、堅い守備をベースに戦っているところもどこか共通する部分がある。

唯一違ったのは、今回はラツィオ相手に敗れてしまったことで、当時は1-0でインテルが勝利を収めている。当時のインテルはチャンピオンズリーグにも出場していただけに、タイトなスケジュールなどを考慮しても今のチームと単純な比較はできない。それでもモウリーニョのチームと並んだと自信を持つことはできる。当時のチームは最終的に勝ち点82を獲得してスクデットを獲得したが、ロベルト・マンチーニ率いる今季のインテルは勝ち点も同じところに到達できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ