ファン・ハールは悪くない! 英メディアが遺産を残せなかったファーガソンにも責任があると主張

現代サッカーに近づけなかったファーガソン

現代サッカーに近づけなかったファーガソン

2013年に退任したファーガソン監督 photo/Getty Images

6試合連続勝ち星なしと絶不調にあるマンチェスター・ユナイテッドは、指揮官ファン・ハールに批判が集中している。勝利した時にも守備的でつまらないと言われるのだから、マンUの指揮官は大変な職業だ。最近の成績からファン・ハールは無能な指揮官と言われているが、英『デイリー・メール』はファン・ハールだけが悪いと言い切るのはナンセンスと主張している。

同メディアはマンUでの仕事が非常に特殊だと指摘した。アレックス・ファーガソンが長期政権を築き、彼の後任に就いたデイビッド・モイーズとファン・ハールはどうしても偉大なファーガソンと比較されてしまう。しかし、思い返せば勇退する2012-13シーズンはリーグ制覇を達成したものの、ファーガソンはほとんど遺産を残せなかった。

ファーガソンは現代サッカーに歩み寄ることができず、ファーガソン流と呼ばれる独特なスタイルを残してクラブを去った。モイーズもファン・ハールもその独特なスタイルからの脱却に苦労しており、今の苦戦はファーガソンにも多少の非はある。過去に香川真司を獲得してスモールエリアを崩す現代サッカーに歩み寄ろうとはしたものの、結局香川を活かすスタイルは見つけられなかった。

悪く言えば古臭かったファーガソンのサッカーからの脱却を目指すファン・ハールは、かなり難しい仕事に直面している。それもモイーズが引っ掻き回した後ということもあって難しさは倍増していると言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ