あんな事やこんな事も話した……? モウリーニョがヒディンクとホテルで密会  チームの内情を話す!

1時間に渡り共に過ごす

1時間に渡り共に過ごす

モウリーニョを支持するファン photo/Getty Images

ジョゼ・モウリーニョとフース・ヒディンクが共にバークリーホテルで朝食を食べていたとしたら、話題はひとつしかないだろう。今後のチェルシーをどうしていくかだ。

英『サン』によれば、ヒディンク監督は新たな暫定監督としてチェルシー練習場であるコブハムを訪れるよりも前に、モウリーニョと会談したという。そして共に朝食をとり、チェルシーの選手らに関する情報をモウリーニョが“後輩”のヒディンクに提供したようだ。

また同メディアによれば、2人の新旧チェルシー指揮官による重要な朝食兼会談は、約1時間に渡って行われ、非常に事細かな情報がヒディンクにもたらされたとのこと。どちらの指揮官がこの“朝食密会”をセッティングしたのかは不明だが、少なくともモウリーニョはヒディンクのチェルシーでの成功を願っているのかもしれない。

ヒディンク監督は2009年にも当時不振に喘いでいたルイス・フェリペ・スコラーリ監督の後を継いで、暫定監督を務めた経験がある。当時はわずかな在任期間ながらもFA杯を制するなど、目に見える結果を残し、去って行った。

チェルシーにとってはすこぶる縁起の良い指揮官なだけに、今回のホテルでの会談では有意義な情報が飛び交っていたことを願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ