“ミラクル・レスター”の主将が断言「ほぼ全チームと対戦して分かった。俺らは相当強い」

目指すは優勝?

目指すは優勝?

レスターの主将ウェズ・モーガン photo/Getty Images

昨季のプレミアリーグを14位で終えたレスターだが、今季の“ミラクル”な快進撃はまだまだ止まる気配がない。少なくとも同クラブの主将ウェズ・モーガンによるコメントからは優勝を狙うかのような勢いが感じられる。

レスターでキャプテンを務めるモーガンは、仮に同クラブが4位でシーズンを終えた場合は大満足かどうかを聞かれると、次のように答えた。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

「4位だと嬉しいか? それはどうだろうね。なんとも言えないさ。当然4位は悪い結果とは言えないけどね。シーズン開幕当初には僕らの今の躍進は誰にも想像できなかったことだ。今はとにかく首位に立っていることに満足しているし、この調子をキープしたい。浮かれているようじゃダメだね。僕らはレスターなんだぜ? あれこれと議論するのはメディアに任せておいて、僕らは冷静に試合をこなしていくだけさ」

「僕らは自分たちのパフォーマンスから自信を持つことができている。プレミアリーグでは、ほとんど全てのチームと戦って分かったんだ。レスターがとても強いってことをね。このまま順調に続けていきたいよ。試合はほんのわずかなミスで勝負が決まってしまう。今季はそういうミスを減らせるようになってきて結果が出始めているんだ。残りの試合もしっかりと戦って、勝利を得られるようトライし続けていきたいね」

19日のプレミアリーグでレスターは、アウェイにも関わらずエヴァートンを2-3で撃破。この試合では日本代表FW岡崎慎司も久しぶりにゴールを決めるなど、すべてがうまくいっているように見える。果たして彼らの奇跡的な快進撃はいつまで見られるのだろうか。岡崎のゴールラッシュにも期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ