[移籍]来季こそ結果を! J2降格の清水がDF角田の完全移籍を発表

Jリーグで370試合に出場

Jリーグで370試合に出場

川崎での角田 photo/Getty Images

清水エスパルスは18日、2015シーズンより期限付きで加入していたDF角田誠が完全移籍で加入することを発表した。

京都パープルサンガユース出身の角田は2002年にトップチームに昇格。1年目から多くの出場機会を得て、天皇杯優勝に貢献した。その後は名古屋グランパスやベガルタ仙台でプレイ。2015年には川崎フロンターレに移籍したが期待されていたパフォーマンスを披露できず、シーズン後半戦には清水にレンタル移籍を行った。同クラブではレギュラーポジションを獲得したが、クラブは降格となってしまった。

角田は清水の公式サイトで、「今季の結果は非常に残念なものになってしまいましたが、1年でのJ1復帰に向けて、チーム一丸となって戦います」と宣言。そして来季に向けてサポーターにメッセージを送った。

「厳しいシーズンになると思いますが、良い準備をして結果を出していきたいと思いますので、引き続きサポーターの皆さんの後押しをお願いいたします」

さらに半年間のみの所属となった川崎の公式サイトでも、「私自身、川崎に行ったことでサッカーの本質を学べたと思っています。そして何よりサッカーがまた好きになりましたし、まだまだ上手くなりたいとも思いました!短い期間でしたが、サポーターの皆さんには移籍してきたときから、温かく迎えていただき本当に感謝しています。ありがとうございました」とコメントしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ