モウvs選手の火種は開幕前からあった!? アノ主力3人は退団したがっていた……

すでに夏から亀裂?

すでに夏から亀裂?

チェルシーを解任されたモウリーニョ photo/Getty Images

17日に指揮官ジョゼ・モウリーニョを解任したチェルシーだが、実は今シーズン開幕前からチームにはすでに不穏な空気が存在していたのかもしれない。主力選手3人が夏の時点でクラブに退団願いを出していたようだ。

英『デイリー・テレグラフ』は今回の電撃解任に関して、シーズンの開幕前からモウリーニョは選手らと上手くいっておらず、結果としてあのようなパフォーマンスになったとしている。また夏の時点で合計10人もの選手から退団の申し出を受けており、その中にはジエゴ・コスタやウィリアン、オスカルも含まれているという。

同メディアによれば、他の7人は無事にチェルシーからの脱出に成功したものの、このブラジル出身選手3人の申し出は却下されたようだ。

“失意”の残留となった彼ら3人の内、ウィリアンだけはFKなどで序盤戦のチェルシーを牽引する活躍を披露。だが、オスカルとコスタに関してはコンディションが安定せず、覇気のないプレイを見せていた。
電撃解任と騒がれ、世界中を驚かせたモウリーニョのクビ報道だったが、実は開幕前からその予兆は存在していたのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ