デパイとV・ペルシーの小競り合いの理由が判明「自分を大物だと思っているのか?」

若手とベテランの間で対立

若手とベテランの間で対立

2014ワールドカップでのデパイとファン・ペルシー photo/Getty Images

EURO2016予選で思うように勝てずに苦しんでいたオランダ代表は、10月の練習中にマンチェスター・ユナイテッドFWメンフィス・デパイとフェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシーが激しくやり合う場面があった。若手とベテランの衝突はチームの空気が悪いことを世界に示すこととなり、結局オランダは予選敗退を喫した。

英『メトロ』は2人の衝突の裏側を説明しており、代表を背負って立とうとする若者とエースとしてチームを張ってきたベテランとの間でくだらない言い争いが起きていたようだ。発端となったのは練習中にデパイがファン・ペルシーにパスを出さなかったことで、ファン・ペルシーはデパイのプレイがエゴイスティックだと批判。エースである自身に敬意を払えと言いたかったのだろう。ファン・ペルシーはデパイに対して、「自分を大物だと思っているのか?」と詰め寄ると、デパイは「大物はフェネルバフチェでプレイするものなんだね」とマンUから放出された先輩を皮肉ったという。

これが原因で両者は小競り合いとなり、チームは最悪の空気のまま予選ラスト2試合を戦うことになった。同メディアによると、指揮官のダニー・ブリントはデパイの意見に賛同し、ファン・ペルシーに挑発をやめるよう促した。ベテランである自身の意見に賛同してもらえなかったこともファン・ペルシーにとっては屈辱だっただろう。チーム内でくだらない争いが起こっていたオランダ代表は、予選敗退で膿を出し切った方が良かったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ