クロップをバカ呼ばわり? WBAの選手が試合後の行動を批判

ロブレンへのチャレンジに怒りを露わにしたクロップ

ロブレンへのチャレンジに怒りを露わにしたクロップ

試合後に握手をしなかったことで批判されたクロップ photo/Getty Images

13日に行われたリヴァプールとウェストブロムウィッチ(WBA)の一戦では、試合後にリヴァプールの指揮官であるユルゲン・クロップがWBAの指揮官トニー・ピューリスと握手を交わさなかったことが話題となった。この試合ではリヴァプールDFデヤン・ロブレンが相手選手の危険なタックルを喰らって負傷退場しており、クロップはラフプレイだと怒りを露わにしていた。クロップが怒るほどの激しい接触だったが、試合後に握手をしなかったことについてWBAのジェイムス・マクリーンが批判している。英『デイリー・ミラー』が同選手のコメントを伝えている。

「クロップがドルトムントで素晴らしい仕事をしていたのは事実だし、僕は彼を尊敬しているよ。でも正直言うと、試合後に握手をしなかった行動はバカだと思う。勝利、引き分け、敗戦に関わらず対戦相手に敬意を払うことを忘れてはいけないんだ」

クロップは試合後に握手をしなかったことについて、「普段はするけど、今日はしなかった。穏やかな試合ではなかったし、時にはクールダウンするのに時間がかかるからね」と語っている。プレミアリーグは世界的に見ても激しいリーグで、今季のリヴァプールはジョー・ゴメスやダニー・イングスを長期離脱で失っている。クロップにとってもこれ以上負傷者が増えるようなタックルは許せなかったのだろう。幸いロブレンは重傷ではなく、3週間程度で復帰できる予定となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ