メッシはいつの間に腎結石に……? 世界最高の男を襲った悲劇「試合に出れないくらい痛い」

フェイスブックを更新

フェイスブックを更新

現在来日中のメッシ photo/Getty Images

クラブW杯2015準決勝の試合が17日に横浜総合競技場で行われ、バルセロナが広州恒大を3-0で撃破。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが見事なハットトリックを達成し、バルサを決勝へと導いた。

しかしこの試合では日本中が期待していた最強の3トップMSNの内、出場したのはスアレスのみだ。バルセロナの公式ウェブサイトによれば、リオネル・メッシは試合直前になって腎結石による腰や背中の痛みを訴え、試合に出れる状態ではなかったという。メッシはクラブW杯の直前まで行われていたリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグの試合では問題なくプレイしていた。しかし不幸にも同クラブにとって今大会初戦となる準決勝を前にして腎結石を患ってしまったようだ。

ピッチに立つことはできなかったメッシだが、準決勝で快勝を収めた仲間の活躍ぶりを自身のフェイスブック上で次のように讃えた。

「バルサの選手はとても素晴らしい仕事をした。僕らは決勝に進めるんだ! 僕は残念ながら試合に出れないくらいの痛みがあったんだけど、決勝戦ではチームを助けることができるように100%の状態にしたいと思う」

スアレスももちろんワールドクラスの怪物プレイヤーだが、やはりリオネル・メッシが日本で輝く姿を是非見せて欲しいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ