エトーがあのチームの選手兼監督に! 同胞エムボマは「彼には経験もなければ忍耐もない……」

早すぎる監督への転身?

早すぎる監督への転身?

元カメルーン代表のエトー photo/Getty Images

つい2年前までチェルシーでフェルナンド・トーレスとポジション争いをしていた元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、トルコのアンタルヤスポルの選手兼監督に就任するようだ。

英『BBC』によれば12月7日に同クラブから解任されたユースフ・シムセク監督の後任としてエトーが一時的にチームを率いることになるという。そして今後の数試合の成績次第でアンタルヤスポルが正式にエトーを監督とするかどうかを決定するようだ。

しかし今夏に選手として3年契約でアンタルヤスポルに加入してきたばかりのエトーが選手兼監督になるのは少し時期尚早なのかもしれない。かつてカメルーン代表として共にプレイし、前線でコンビを組んでいたパトリック・エムボマ氏は同胞の早すぎる監督就任に不安を示した。同メディアが伝えている。

「エトーがこんな早く監督になるなんてね。たしかに彼は昔、監督になりたいとは言っていた。でも私が思うに彼には経験がない。どうなるかは分からないけど良い監督になれれば良いね。彼には独特なキャラクターと知識があるよ。ただ忍耐がないから色んな逆境に耐えれるかは不確かだろう。そういった部分をクリアできれば成功できるさ」

エトーは過去にレアル・マドリードやバルセロナ、インテルなどのビッグクラブでプレイしてきた実績を持つ。カメルーン代表ではアフリカ・ネーションズカップの制覇や、アフリカ年間最優秀選手賞受賞など華々しいキャリアを築いてきた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ