日本の小学生によるバルサ応援歌がイギリス紙に賞賛される! 「情熱的なアカペラだ」「メッシのよう」

スペインでも話題に

スペインでも話題に

来日中のバルセロナ photo/Getty Images

クラブW杯2015準決勝の広州恒大戦を控えたバルセロナが、滞在する横浜のニッパツ三ツ沢競技場でトレーニングを実施。そこで彼らは日本のバルセロナスクールに通う生徒らによる温かい応援歌の歓迎を受け、海外のメディアもその様子を取り上げた。

スポーツメディア『FIFA.com』はグループを代表してたった1人立ち上がり、ピッチに向かってバルサ応援歌を披露した8歳の日本人少年を褒め称えた。またほとんどひとりだけで地声による応援歌を歌い終えたその姿を「メッシみたい」「とても情熱的なアカペラ」などと表現し、少年の敬意に満ちた歓迎を讃えた。
同メディアがウェブサイト上に掲載した動画を見ると、流暢なスペイン語でアカペラを歌う少年の姿や、クラブ関係者によってピッチの中に案内されていく様子などがわかる。

いつの日か彼らの中から日本を背負っていくスターが誕生することに期待したい。

※お詫びと訂正:バルセロナが日産スタジアムでトレーニングを行い、地元の小学生がそれを歓迎したというニュースを配信しておりましたが、正しくはトレーニングを実施したのはニッパツ三ツ沢競技場、応援歌を歌ったのはバルセロナスクールの生徒でした。ここにお詫びし訂正させていただきます。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ