[ブンデス丸わかり]途中出場の香川がまたも流れを変える! 2トップ大暴れのレヴァークーゼンが5発圧勝

上位2チームは変動せず

上位2チームは変動せず

ドルトムントが3連勝を収める photo/Getty Images

ブンデスリーガ第16節が11日から13日にかけて各地で行われた。

首位バイエルン・ミュンヘンは10位インゴルシュタットと対戦し、2-0で勝利を収めた。この結果、バイエルンは勝点を43に伸ばしている。

前節ボルシアMG戦でリーグ初黒星を喫したバイエルンだが、この試合でしっかりと流れを取り戻した。ホームにインゴルシュタットを迎えたこの試合、前半こそ昇格チームの堅守に苦しんだが、後半にとうとう待望のゴールを生み出す。64分にボアテングがスペースにボールを送り込むと、これを受けたレヴァンドフスキがGKエーズガンを抜き去り、冷静にシュートを流し込んだ。勢いをつけたバイエルンはその10分後、ミュラーのパスを受けたラームが追加点を挙げ、そのまま試合終了を迎えた。

2位ドルトムントは13位フランクフルトと対戦し、4-1で勝利を収めた。ドルトムントはこれでリーグ3連勝を飾り、首位バイエルンとの勝点差5をキープしている。一方のフランクフルトは4連敗となり、順位も15位に後退している。

大方の予想を覆し、先制したのはフランクフルト。5分、セッフェロビッチが敵陣で十分な溜めを作ったうえで中央のマイアーに渡すと、昨季得点王はゴール隅を突く豪快なシュートでネットを揺らした。ドルトムントは23分にムヒタリアンのゴールで同点にするが、この後はやや運に見放される。39分にオバメヤンが一度はネットを揺らしたもののオフサイド判定となり、42分にはロイスが香川真司との負傷交代を余儀なくされた。前半終了間際にPKを獲得したものの、今季3本のキックを沈めてきたオバメヤンは痛恨のキックミス。結局このまま1-1で試合は後半に突入した。

攻め込んでも点が取れない嫌な時間帯が続いたが、途中出場の香川が決勝弾を呼び込んだ。56分、敵陣左サイドでボールを持った香川は中央のギュンドアンに預け、PA内に侵入。このリターンパスを受けた日本代表MFは、右足アウトサイドで中に折り返し、これをオバメヤンがしっかりと沈めた。オバメヤンにとっては今季リーグ18点目、香川にとっては6アシスト目となる。この後勢いを取り戻したドルトムントはフンメルス、アドリアン・ラモスがゴールを奪い、そのまま勝利を収めた。前節ヴォルフスブルク戦に続いて途中出場となった香川だが、劇的決勝ゴールを決めたヴォルフスブルク戦に続いて指揮官の期待に見事応える活躍を見せている。フランクフルトMF長谷部誠は中盤センターで先発フル出場を果たした。

原口は出場せず

原口は出場せず

ヘルタが3位浮上 photo/Getty Images

4位ヘルタ・ベルリンは12位ダルムシュタットと対戦し、4-0で勝利を収めた。この結果、ヘルタは3位浮上を果たしている。原口元気はベンチ入りしたものの、出場はしなかった。

好調ヘルタが圧勝を収めた。この試合ではここまでほとんどの試合で右サイドハーフを務めてきた原口元気に代わってミチェル・ヴァイザーが同ポジションに入り、攻撃の火付け役を担った。11分にヴァイザーの折り返しを受けたイビシェビッチが先制ゴールを挙げると、25分にはプラッテンハルトのFKが直接ネットを揺らした。

早くも2点ビハインドを負ったダルムシュタットは30分にヴァグナーがネットを揺らしたもののオフサイド判定となり、44分にラングカンプのクリアがオウンゴールになりかけたシーンでもゴールとはならず、0-2で試合を折り返した。

ヘルタは後半に入ってもペースを落とさず、少ないチャンスを確実に仕留めた。49分、CKの落としをイビシェビッチが詰めて3点目を挙げると、76分にはカルーがダメ押しの4点目を挙げ、そのまま試合終了を迎えた。

エルナンデスが2桁ゴールを早くも達成

エルナンデスが2桁ゴールを早くも達成

ハットトリックを達成したエルナンデス photo/Getty Images

3位ボルシアMGは8位レヴァークーゼンと対戦し、0-5で敗れた。この結果、ボルシアMGは5位に後退し、レヴァークーゼンは6位に浮上した。

9月の就任以来リーグ10試合で8勝2分けという驚異的な戦績を収めてきたアンドレ・シューベルト監督だったが、11試合目でとうとう黒星がつくことになった。敵地バイ・アレーナに乗り込んだこの試合では、前半こそキースリンクの1点のみに押さえ込んだものの、後半からリーグ有数のアタッカーを揃えるレヴァークーゼンの猛攻を浴びることになった。

これまで再三ハビエル・エルナンデスとシュテファン・キースリンクの共存が困難であると見られてきたレヴァークーゼンだが、この試合の5ゴールはすべてこの2人によるものだった。1-0で迎えた62分、エルナンデスがPA内での見事なタッチから2点目を挙げると、その3分後にはCKから今度はキースリンクが長身を活かして強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。エルナンデスの勢いは止まらず、75分と76分にも追加点を挙げてハットトリックを達成し、今季のゴール数を10まで伸ばした。

このまま試合は終了。2トップがハマったレヴァークーゼンが5-0の大勝を収めた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ