メッシが過去にアルゼンチンのクラブと対戦したのはたった1度だけ!?

クラブW杯での対戦のみ

クラブW杯での対戦のみ

来日中のリオネル・メッシ photo/Getty Images

12月10日より日本で開幕したクラブW杯2015に参戦するため、欧州代表として14日に来日したバルセロナのFWリオネル・メッシがFIFAオフィシャルサイトのインタビューに応えている。

そこでメッシは同大会が開催されている日本の印象や、母国アルゼンチンのクラブであるリーベルプレートについて語った。

「とても素晴らしい大会に参加できて光栄だし、この大会は僕のお気に入りさ。チャンピオンズリーグを優勝しないとここには辿り着けないんだ。その年を最高の形で締めくくることができる」

「日本に関してはいつも良い印象を持っている。2011年にこの大会で優勝したときはオフの日に色んな場所に外出したよ。普通の人たちと同じように買い物や観光をした。日本の人たちは常に僕らのことを優しく歓迎してくれる。もちろん情熱的ではあるけど、同時にしっかりとしたリスペクトを感じるよ。僕は日本が大好きだね」

「今大会にはアルゼンチンのリーベルプレートも参戦してる。なんか複雑な気持ちだよ。僕のキャリアでアルゼンチンのクラブチームと対戦したのはたったの1度だけなんだ。しかもそれは2009年のクラブW杯決勝戦で対戦したエストゥディアンテスさ。先制ゴールを決められてとても苦しい試合だったけどなんとか追いついて延長戦で試合を決めることができた。もちろんリーベルも強豪だから、もし彼らと激突するとしたらハードな試合になるよ。僕は昔リーベルに加入する可能性もあったんだ。正式に合意はしなかったんだけどね」

メッシは1987年の6月にアルゼンチンのロサリオで生まれたが、プロデビューを果たしたのはバルセロナ入団後の2004年10月のことだ。13歳で既に母国を離れたメッシはキャリア通算2度目となるアルゼンチンのクラブとの対戦を今大会で実現させることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ