これが“鬼軍曹”のやり方!? マガトが鳥栖との合意をぼやかす「合意したかな? 思い出せない」

ドイツ紙が報じる

ドイツ紙が報じる

鳥栖に就任間近と思われたマガト氏 photo/Getty Images

過去にはバイエルン・ミュンヘンやヴォルフスブルク、シャルケなどを率いてきた名将フェリックス・マガト氏はJリーグサガン鳥栖の監督就任が合意に達したと思われていた。しかし本人いわく最終的に正式な合意があったかどうかは「覚えていない」ようだ。

独『ビルト』が報じたところによれば、マガト氏は3日間に渡って日本に滞在し、鳥栖と交渉を行った。それは本人も認めているが、合意に関しては次のようにコメントした。

「私が正式に日本のサガン鳥栖と合意に至ったか? それは思い出せないね。忘れたよ。でも最も重要なのはどんなサッカーを目指すかというプロジェクトに対する情熱を持てるかどうかだ。それが日本でなのか、ドイツでなのか、私にとってはあまり関係ない」

同氏はサガン鳥栖の監督に就任する可能性を否定することはなかったが、最後まで合意をぼやかした格好となった。

一部では年俸として3億円を要求したのではと報じられた同氏だが、仮に鳥栖への就任が決まれば日本サッカーを大きく底上げすることにも繋がることだろう。

ドイツブンデスリーガをも制した名将の最終的な行き先が日本であってくれることを願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ