ピケが今度はアルベロアを侮辱か「友達とは認めてない」

スペイン代表で共に戦った仲だが……

スペイン代表で共に戦った仲だが……

発言が物議をかもすピケ photo/Getty Images

またもバルセロナDFジェラール・ピケに問題発言が飛び出した。

ピケはレアル・マドリードが国王杯で出場停止処分を受けていたデニス・チェリシェフを誤って出場させたこと笑うツイートをして物議を醸し、これについてレアルDFアルバロ・アルベロアはピケが将来お笑い芸人にでもなればいいとやり返した。

スペイン紙『スポルト』によると、今度はピケが12日のデポルティボ戦後にアルベロアを侮辱する発言をした。2人は長年スペイン代表でプレイしてきた仲だが、ピケはアルベロアについて次のようにコメントしている。

「僕は彼のことを友達とは認めていない。彼はただの知り合いであって、友達ではないんだよ」

ピケはスペイン語で知り合いという意味のconocidoを使ったが、これはアルベロアを侮辱する人々がつけたアルベロアのニックネームでもある。同メディアはピケがアルベロアを侮辱しようという明確な意図を持って発言したのではないかと伝えており、ここ数日のピケの発言はバルサとレアルの関係を著しく悪くしている。ピケがレアル嫌いなのは有名な話だが、少々やりすぎではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ