出場した試合は勝てない? 呪われたように苦しむローマのFWとは

492分に1ゴールと苦しむ

492分に1ゴールと苦しむ

加入以降、期待に応えられていないイトゥルベ photo/Getty Images

かつてリオネル・メッシ2世とまで言われていたローマFWファン・マヌエル・イトゥルベは出口の見えないトンネルで苦しんでいる。

昨年7月に同じセリエAのヴェローナから約2450万ユーロの移籍金でローマに加入したイトゥルベは、加入後わずか6ゴールしか決めていない。伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、現在のイトゥルベは492分に1ゴール挙げている状態で、とても移籍金に見合った活躍とは言えない。

しかも、今季はイトゥルベが先発出場した5試合でローマは1勝もしていない。BATEボリソフ(2-3)、サッスオーロ(2-2)、ボローニャ(2-2)、アタランタ(0-2)、BATEボリソフ(0-0)と、決して強豪ではない相手に勝ち点を落としている。全てイトゥルベの責任というわけではないが、まるで呪われているかのようにすべてが上手くいかない。

今季はモハメド・サラーの加入もあって出番自体も減っており、メッシ2世と呼ぶ者は少なくなってきている。来季もローマに留まれるかは不透明で、この評価を覆すには縁起の悪い未勝利の記録をストップさせる必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ