「セスクの他にも……」モウリーニョが今季絶不調の所属選手4名を名指しで明かす!

セスクを含む4人の主力選手

セスクを含む4人の主力選手

チェルシーで結果を出せないモウリーニョ photo/Getty Images

昨季のプレミア王者チェルシーは今季の国内リーグ15試合を終えて14位に沈み、前代未聞のスランプに陥っている。指揮官のジョゼ・モウリーニョにとっては解任の噂が何度も流れる屈辱的なシーズンとなっているが、なんとかロマン・アブラモビッチ会長からの信頼は継続しているようだ。

そんなモウリーニョ監督が、昨季に比べて大きくパフォーマンスを落としたチェルシーの選手として4人の名前を挙げた。英『ミラー』が同監督のコメントを伝えている。

「昨季セスクはこのチームのクオリティを支えるとても大きな役割を果たし、すべてにおいて軸となる存在だった。だが今季はチームの不調と同じくして、良いプレイをするのに特に手こずっている。他にもブラニスラフ・イバノビッチやギャリー・ケイヒル、ジョン・テリーらは去年はファンタスティックだった。でも今季彼らを素晴らしいと言うのは難しいね」

セスクを筆頭に今季不調に陥る選手を挙げたモウリーニョだが、同時にセスクへの信頼がなくなったわけではないことも付け加えた。

「セスクに対する見方が変わったということはないが、私が求めるのは試合中どの時間帯であっても全力を尽くしているかどうかだ。セスクはボールを持つことを恐れないし、ミスを犯すことも恐れない。私は彼を信頼している」

もちろん名前を挙げられてしまった選手らは複雑な心境だろう。だが同監督がセスクに対する変わらぬ信頼を述べたように、他の選手にもこれからの活躍次第では名誉挽回となるチャンスはありそうだ。

なおチェルシーは14日のプレミアリーグで現在首位の岡崎慎司擁するレスター・シティと対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ