名古屋がスウェーデンから“大型”補強 なんと2人合わせて390cm!

小倉監督のもと初めての補強を行った

小倉監督のもと初めての補強を行った

199cmの長身を武器に戦うFWロビン・シモビッチ photo/Getty Images

名古屋グランパスは10日、スウェーデンのヘルシンボリIFからFWロビン・シモビッチ、同じくスウェーデンのカルマルFFからDFルドゥウィッグ・オーマンを獲得したことを発表した。

シモビッチは24歳で199cm93kgの大型FW。スウェーデンリーグでは105試合で53得点を記録しており、クラブ公式サイトでは「長身でありながら、独特なテクニックと卓越したボールタッチを併せ持つ」と新たなストライカーを紹介している。

もう1人の新加入選手オーマンも191cmと長身で、スウェーデン世代別代表の常連選手。現在24歳で、A代表での出場はまだないがクラブによると、強さと高さを兼ね備えながら足元の技術も優れており、ラインコントロールの巧みさにも定評があるディフェンダーだ。

名古屋は小倉新監督のもと初めて補強を行い、実績十分な2人のスウェーデン人を手に入れた。2015年は9位という不本意な順位でシーズンを終えた同クラブだが、シーズン終了3日後に来季から小倉監督がクラブの指揮を執ることが決定するなど、勝負の2016年に向けて着々と準備を続けている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ