やはりロイスはバルサ移籍に近づいていた!? それでも断った理由とは

やっぱりMSNは大きすぎる壁だった

やっぱりMSNは大きすぎる壁だった

ドルトムントで活躍するロイス photo/Getty Images

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はドルトムントFWマルコ・ロイスの獲得に迫っていたようだ。

スペイン紙『スポルト』によると、同会長は今夏にロイス本人と会談の場を持ち、バルサへ来るよう説得していたという。障害はFIFAの制裁によって1月まで選手の補強ができないことで、アルダ・トゥランやアレイクス・ヴィダルと同様に1月までプレイできないことをロイスに受け入れてもらわなければならない。しかし、ロイスは同会長が予想していなかった質問をした。

「MSNがいるのに、僕はどこで出ればいいんです?」との質問に同会長は明確な答えを出すことができなかった。しかもその時はまだペドロ・ロドリゲスが残っていたため、ロイスにとっては余計にスタメン争いが激しいと感じたことだろう。

その反省を活かしてか、バルサは冬の移籍市場でコストを抑えた格安の選手を狙っている。ロイスがMSNのバックアッパーに加わればまさに世界最強の陣容が揃うことになるが、MSNの存在がロイスをドルトムントに留まらせる原因となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ