超意外!? シルバでもアザールでもない、ジェラードが格付けする“プレミアリーグで最高の攻撃的MF”とは?

適性ポジションはセンターだと分析

褒められることで成長できる人間は多いだろうが、“とびきりのレジェンド”からの賛辞はさらなる自信を与えてくれるにちがいない。

2015年までリヴァプールで長年にわたり活躍してきたレジェンド、スティーブン・ジェラードがイングランドプレミアリーグで最も優秀な攻撃的MFとしてアーセナルのウェールズ代表アーロン・ラムジーを挙げた。

さらにジェラードは同選手にとっての適性ポジションについても分析した。英『メトロ』が伝えている。
「僕が思うに彼はサイドであまり幸せそうにプレイしていないね。彼はサイドでプレイするに適したスタイルじゃない。彼の本当のクオリティはすべて中盤のセンターにおいて発揮されるはずだ」

「僕に言わせれば、彼はコンディションさえ整っていればプレミアリーグにおいてベストの攻撃的MFさ。彼が素晴らしい選手だからこそ、やりたい場所でプレイさせてあげるべきだ。僕はそれがセンターハーフだと確信してるよ」

ラムジーは10日に行われたチャンピオンズリーググループステージ最終節のオリンピアコス戦ではマテュー・フラミニと並んでセンターハーフとして起用され、効果的なパスを提供していた。オリビエ・ジルーによる先制ゴールをアシストしたのも同選手だ。

ジェラードによればこのウェールズ人MFは、自身が古巣で共にプレイしていたブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョよりも素晴らしい選手とのこと。

ちなみにラムジーはこのレジェンドからの嬉しい賛辞に対し、自身のツイッターで「誇りに思う」とつぶやいている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ