激闘のCS決勝、意地見せた広島がアディショナルタイムに大逆転!

最後まで読めないシーソーゲームに

最後まで読めないシーソーゲームに

試合終了間際での得点に歓喜するサンフレッチェ広島 photo/Getty Images

チャンピオンシップ決勝第一戦、年間1位のサンフレッチェ広島と、準決勝で浦和レッズを下して決勝進出を決めたガンバ大阪の試合が行われた。

試合は立ち上がりからホームG大阪が、スタメンで起用されたFW長沢駿の高さを生かし積極的にゴールを狙う。試合開始早々に長沢のポストプレイからMF阿部浩之がファーストシュートを放つと、7分にもコーナーキックから長沢がヘディングシュート。しかし広島GK林卓人が安定したセーブでゴールを許さない。

攻勢をかけるG大阪は9分、左サイドからMF宇佐美貴史がクロスを上げると、ファーサイドに流れたボールはフリーになっていた阿部の元へ。しかし阿部はシュートを抑えきれず、ボールはゴール上空へ外れた。

17分には守る時間が続いていた広島にチャンスが訪れる。ミキッチが右サイドを攻略してクロスを上げると、中で反応したのはエース佐藤寿人。高い打点でクロスに合わせるが、枠に飛ばすことができず。広島は相手の時間で得点を奪う絶好の機会を逃してしまった。

流れは変わらずに攻めるのはG大阪。MF遠藤保仁のトリッキーなパスから最後は宇佐美が惜しいシュートを打つと、前半終了間際にも宇佐美は細かいステップから見事なドリブルシュートを披露。しかし得点とはならず、0-0で前半を終える。

後半もG大阪のペースで試合は進む。54分には準決勝でヒーローになったDF藤春廣輝が果敢に攻め上がりシュート。強い当たりとはならなかったが藤春が決勝戦でも存在感を放つ。

そして60分、遂にG大阪が試合を動かす。広島DF佐々木翔が自陣でボールを持つと、パスの出しどころがなくバックパスを選択。このバックパスに対し、広島守備陣がまさかの“お見合い”をしてしまう。移籍後初スタメンに抜擢された長沢がボールをかっさらい、ゴールへ流し込んだ。

後半にFW浅野拓磨、MF柏好文といった攻撃的な選手を投入しながらもチャンスを作れていなかった広島だが、今季の広島には、上手く回っていない時間帯でも得点を奪える強さがある。80分、浅野が持ち前のスピードで最終ラインを抜け出し、GKをかわすと角度のない位置からシュートを選択。シュートはポストに阻まれるが、こぼれ球を拾った柏が強烈なシュートを放つと、ゴール前でFWドウグラスがコースを変えて、ゴールに押し込んだ。今季覚醒したストライカーの一撃で広島が同点に追いつく。

しかし準決勝を劇的勝利で勝ち上がったクラブの勢いは、たった1失点で衰えることはなかった。失点後すぐさまフリーキックのチャンスを得ると、準決勝で珍しく得点を決めたMF今野泰幸が再び大仕事をやってのける。フリーキックからのこぼれ球に反応し、ダイレクトでボレーで叩きつけるとボールはネット右隅に突き刺さり、G大阪が勝ち越しに成功する。

再びビハインドを負った広島も攻勢に出る。すると、ヒートアップした試合は思わぬ方向へ転がった。G大阪DFオ・ジェソクがプレイに関与しないところで相手選手を突き飛ばしてしまい、一発退場。追いかける広島が数的優位となる。

すると後半アディショナルタイムに、年間最多勝ち点を稼いだクラブが意地をみせる。右サイドでフリーキックを得ると、変化をつけてボックス中にボールを蹴り込む。このボールに反応したのは、先ほど失点に絡んでしまった佐々木だった。佐々木がヘディングシュートでネットに突き刺し、広島が土壇場で同点に追いついた。

アディショナルタイムに劇的な同点弾となったが、これだけでは終わらなかった。広島は左サイドを崩してクロスを上げると、合わせたのはドウグラス。ドウグラスのシュートは上手く足にヒットしなかったが、こぼれ球を浅野がシュート。G大阪の必死のブロックに阻まれるも、今度は柏がこぼれ球を拾い、ゴールに蹴り込んだ。遂に広島がこの試合初めてのリードを奪うことに成功する。

このまま試合は終了し、広島が第一戦を勝利で飾った。チャンピオンが決まる運命の第二戦は12月5日にサンフレッチェ広島のホーム・エディオンスタジアムで行われる。
 
[メンバー]

ガンバ大阪:東口順昭、オ・ジェソク(→退場 86)、西野貴治、丹羽大輝、藤春廣輝、遠藤保仁、今野泰幸、阿部浩之、宇佐美貴史(→米倉恒貴 89)、大森晃太郎(→倉田秋 62)、長沢駿(→パトリック 77)
サンフレッチェ広島:林卓人、佐々木翔、千葉和彦、塩谷司、ミキッチ(→柏好文 69)、青山敏弘、森崎和幸、清水航平(→山岸智 89)、柴崎晃誠、ドウグラス、佐藤寿人(→浅野拓磨 58)

[スコア]

ガンバ大阪 2-3 サンフレッチェ広島

[得点者]

ガンバ大阪:長沢駿(60)、今野泰幸(81)
サンフレッチェ広島:ドウグラス(80)、佐々木翔(90+1)、柏好文(90+6)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ