独メディア、先制ゴールのマインツ武藤に高評価も後半のシュートミスを批判

マークを外す動きは岡崎を思わせる狡猾さ

マークを外す動きは岡崎を思わせる狡猾さ

今季7点目を決めた武藤 photo/Getty Images

28日に行われたブンデスリーガ第14節でマインツはフランクフルトと対戦し、2-1で勝利を収めた。この試合の4分にチームを導く先制ゴールを決め、今季通算ゴール数を7に伸ばしたマインツFW武藤嘉紀にドイツメディアは高評価を与えている。

スポーツメディア『sportal.de』は試合後の選手採点(1が最高点、6が最低点)で武藤にチーム内2位となる「2.5」の採点を与え、寸評では「ザンブラーノ(フランクフルトDF)との1対1を制したことにより、日本人は早い時間にマインツのリードをもたらした」としている。右サイドを突破したデ・ブラシスからのクロスに左足アウトサイドで軽やかに合わせた武藤だが、その前に見せた一瞬でマークを外す動きは鮮やかだった。

しかし、この試合で武藤にはもう1つ大きなチャンスがあったことは見逃せない。後半開始早々の49分、カウンターからゴール前で決定機を迎えたが、今度はうまくミートすることができず、ボールは枠の外へと飛んでしまった。これについては同メディアも、「彼のシーズン7得点という記録はすぐに更新されなければならなかった。マリのパスによって100%ドッペルパック(1試合2得点)の可能性があったが、これを逃した」と厳しく評価している。

マインツはこの試合の勝利で勝点を20に伸ばし、順位も10位から7位に浮上している。チャンピオンズリーグ圏内の4位ボルシア・メンヘングラードバッハとの勝点はわずか3ポイントしか離れていないため、今後次第で上位進出も十分可能な位置だ。武藤の活躍にも期待がかかる。

マインツは次節12月5かにハンブルガーとアウェーで対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ