月間MVPは広島ドウグラスと福岡ウェリントン。それぞれCSとプレイオフを戦う

クラブの攻撃をけん引した2人が選出

クラブの攻撃をけん引した2人が選出

移籍1年目から広島に大きく貢献したドウグラス photo/Getty Images

Jリーグは27日、11月度の月間MVP受賞者、月間ベストゴールを発表した。

J1で受賞したのは年間最多勝ち点に輝いたサンフレッチェ広島FWドウグラス。選考理由は、11月に開催された2試合にフル出場し決めた4得点で、2ndステージ優勝を目指す大事な試合で高い得点力を見せつけたと説明。特に第16節のG大阪戦で決めたフリーキックは2ndステージ優勝、年間勝ち点1位の座を大きく引き寄せる印象的なゴールとなった。

J2では終盤12試合負けなしと3位でシーズンを終えたアビスパ福岡FWウェリントンが選出。11月は4試合に出場し3得点を挙げた。Jリーグ選考委員会は得点以外にも高さを生かしたポストプレーや、ディフェンス面でも労を惜しまない前線からのチェイシングといった面を評価。福岡はストライカーが月間MVPを受賞して、プレイオフに臨むことになった。

11月のベストゴール賞は最終節で生まれた川崎フロンターレFW大久保嘉人の3年連続得点王を決める豪快なミドルシュートが選出されている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ