離脱期間は68試合! スタリッジの負傷箇所が多すぎる

いつ復活できるのか

いつ復活できるのか

近年故障の多さに悩むスターリッジ photo/Getty Images

リヴァプールFWダニエル・スタリッジの負傷が止まらない。

9月20日のノリッジ・シティ戦で復帰を果たしたスタリッジだが、10月17日のトッテナム戦で再び負傷。そこから復帰に向けて調整を続けていたものの、今度は26日の練習中に足を痛めたという。

英紙『デイリー・メール』によると、スタリッジはここ3年で68試合も負傷で棒に振っている。負傷箇所は多岐に渡り、太もも、膝、足首の靭帯、ハムストリング、尻部、鼠蹊部と様々な箇所を負傷している。

スタリッジは2013-14シーズンにルイス・スアレスと共に攻撃を牽引し、24得点を記録。しかしそこからは離脱が続き、2015年はまだ6得点しか挙げていない。クリスティアン・ベンテケやロベルト・フィルミーノが活躍していることを考えると、スタリッジといえどもスタメンは保証されていない。

EURO2016を戦うイングランド代表にとってもスタリッジの状態は気がかりだ。昨年のワールドカップでも結果は残しているが、最近は親善試合もまともにこなせていない。代表監督のロイ・ホジソンも負傷が続くようだと厳しい判断を下すと語っており、このままでは代表落ちも十分にあり得る。負傷に悩まされる天才はいつ復活できるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ