クリッシト代理人、インテル移籍破談の経緯を明かす

サイドバックが多すぎるインテル

サイドバックが多すぎるインテル

ゼニトで5シーズン目を迎えるクリッシト photo/Getty Imagesゼニトで5シーズン目を迎えるクリッシト photo/Getty Images

今夏、インテルが獲得に乗り出していたゼニトDFドメニコ・クリッシトだが、その交渉が実を結ぶことはなかった。同選手の代理人を務めるアンドレア・ダミーコ氏はその舞台裏を明かした。伊『football.italia』が伝えている。

「今夏、ロベルト・マンチーニとインテルからの強い関心があったことは本当だよ。彼らはゼニトに対して交渉を行うつもりだったが、ゼニトはクリッシトを売却できない選手と見なしていた。彼らは今でもそう考えているし、交渉は成立しなかったんだ」

ダミーコ氏は交渉の存在を認め、ゼニト側がクリッシトを高く評価していたことが移籍を妨げたと明かした。インテルはかつてクリッシトがジェノアに在籍していた2011年のマーケットでも関心が取り沙汰されたが、交渉が成立することはなかった。

今夏インテルはアレックス・テレス、マルティン・モントーヤを新たに獲得したことにより、やや戦力がだぶついている。新加入選手に加えてダニーロ・ダンブロージオ、長友佑都、ダビデ・サントン、そしてSBもこなせるフアン・ジェズスが2つのポジションを争う形になるため、今後は人員の整理に移ることが濃厚だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ