アーセナル、守備の要コクランが数カ月の離脱へ……

ザグレブ戦ではアルテタ、コクランが欠場

ザグレブ戦ではアルテタ、コクランが欠場

中盤で守備を支えてきたコクラン photo/Getty Images

21日のウェストブロム戦で負傷交代したMFフランシス・コクランは長期の離脱になるようだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が認めた。

「コクランとアルテタはディナモ・ザグレブ戦を欠場する。アルテタは短期間の離脱だが、コクランは長くかかる見込みだ。詳しい診断結果は今日の午後に分かる。土曜日のゲームに出た選手と、ラムジーは起用可能だ」

「スキャンの結果にこれまで悪い意味で驚かされてきたので慎重にはなっているが、チームはあと数カ月コクラン抜きで戦わなくてはならない」

24日に行われるチャンピオンズリーグ、ディナモ・ザグレブ戦の前日会見に臨んだヴェンゲル監督はそう話した。中盤で守備の要として活躍してきたコクランだが、ウェストブロム戦では14分に膝を痛めて交代。代わって入ったミケル・アルテタも49分に負傷してしまい、現在中盤は野戦病院状態となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ