広州恒大が再びアジアの頂へ。CWC出場決める

圧倒的な戦力でアジアを制した

圧倒的な戦力でアジアを制した

2年ぶりにACLを制した広州恒大 photo/Getty Images

21日、AFCチャンピオンズリーグ決勝戦2ndレグが中国で開催され、広州恒大(中国)とアル・アハリ(UAE)が対戦した。

広州恒大はグループリーグで鹿島アントラーズ、準々決勝で柏レイソル、準決勝ではガンバ大阪と日本の3クラブを下して決勝進出している。決勝戦1stレグは敵地でスコアレスドロー。アウェイゴールを奪えずに中国に帰ってきての試合になる。

試合は序盤からホームの広州恒大が多くのチャンスを作り出す。しかし、決定機を逃していると、アクシデントがチームを襲う。広州恒大GKが味方と激突してしまい負傷。プレイ続行は不可能と判断され、GKの交代を余儀なくされた。 この嫌な流れのまま前半終了。スコアはいまだ動かず、0-0のまま後半を迎える。

後半に入っても攻勢に出たのは広州恒大。54分、鹿島戦で2得点を挙げたFWエウケソンが、ゴール前で個人技を見せつけ、ゴールネットを揺らす。攻め続けた広州恒大が遂にゴールを奪った。

1点ビハインドとなったアル・アハリは、反撃を試みるが、66分に退場者を出してしまう。数的不利となったアル・アハリは攻め込むことができなくなり、タイムアップの笛を迎えた。

この結果、広州恒大が2年ぶり2度目のACL優勝。さらに、アジア王者として、クラブワールドカップに出場することが決まった。

[メンバー]

広州恒大:ゾン・チョン(→リー・シュアイ 38)、ジャン・リンポン、フォン・シャオティン、キム・ヨングォン(→リュウ・ジエン 87)、パウリ―ニョ、ジョン・ジー、フアン・ボーウェン、ゾウ・チョン、ジョン・ロン、エウケソン、リカルド・グラル(→ガオ・リン 90+1)
アル・アハリ:マハムード、アッバス、サルメイン、サンクール、リベイロ、アル・ハマディ、ファルダン(→アッバス 65)、ハッサン(→サビール 90+3)、クォンギョンウォン、リマ、ハリル(→アサイディ 63)

[スコア]

広州恒大 1-0 アル・アハリ

[得点者]

広州恒大:エウケソン(54)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ