川崎FW大久保、前人未到の3季連続得点王に輝く

川崎は年間6位でフィニッシュ

川崎は年間6位でフィニッシュ

得点王に輝いた大久保 photo/Getty Images

川崎フロンターレFW大久保嘉人が前人未到のJリーグ3季連続得点王に輝いた。

J1第2ステージ最終節、ベガルタ仙台との一戦で先発した大久保は0-0で迎えた80分、ボックス付近から狙いすましたシュートをゴール左隅に突き刺し、今季23点目を決めた。試合もこのまま川崎が勝利を収め、大久保は21ゴールを決めたドウグラス(広島)を上回り、得点王に輝いた。

2013年から川崎でプレイする大久保は、これで3季連続の得点王となった。過去にはジュビロ磐田に所属していた前田遼一(現FC東京)が2009年と2010年に連続で得点王に輝いたが、3季連続はリーグ史上初の快挙。33歳と年齢的にはベテランの域だが、ストライカーとしての能力は鋭さを増している。

試合もエースのゴールを守り切った川崎が1-0で勝利を収め、シーズン最終節を白星で飾っている。年間総合勝点は57となり、順位は6位となった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ