ヤヤVSルーカス! マンC対リヴァプールの注目は中盤の点取り屋とリーグNo.1守備的MF

中盤の主導権争いがカギ

中盤の主導権争いがカギ

マンCを牽引するヤヤ・トゥレ photo/Getty Images

21日のマンチェスター・シティとリヴァプールの一戦では、マンCがどうやって得点を奪うかに注目が集まっている。ウィルフリード・ボニーの負傷と入れ替わる形でセルヒオ・アグエロが復帰したが、アグエロは100%の状態ではない。ケビン・デ・ブライネやラヒーム・スターリングの得点力に期待がかかるところだが、英『スカイ・スポーツ』は注目選手にマンチェスター・シティMFヤヤ・トゥレ、リヴァプールMFルーカス・レイバを挙げている。

ヤヤ・トゥレは今季リーグ戦で35本のシュートを打っており、MFの中ではリヴァプールのフェリペ・コウチーニョに次いで多い。アシストも4本とチーム内ではダビド・シルバに次いで多く、リヴァプール戦でも攻撃のキーマンとなるだろう。そしてそれを抑える役割を担うのがルーカスだ。

ルーカスは戦力外になると思われていたが、ここまで中盤を引き締める役割をこなしている。同メディアによると、ルーカスはここまで39度のタックルを成功させており、これはリーグトップの数字だ。中盤からゴール前まで顔を出すヤヤ・トゥレを抑える役割を期待されている。

クロップの理想とする中盤でのボール奪取からの素早い攻めを展開するにはルーカスの活躍が不可欠で、一方のマンCは復帰早々のアグエロに大きな期待はかけられず、ヤヤ・トゥレを中心とした中盤が攻撃で存在感を発揮しなければならない。中盤がカギを握る今回の一戦は、ヤヤ・トゥレの攻撃参加とルーカスの守備に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ