C・ロナウドはPKでしか得点を奪えない! クラシコの不気味なデータ

PKの機会を待つしかないのか

PKの機会を待つしかないのか

得点を期待されるロナウド photo/Getty Images

21日に行われるクラシコでレアル・マドリードサポーターが期待するのは、やはりFWクリスティアーノ・ロナウドの得点だ。当然ながらロナウドはチームのトップスコアラーであり、ガレス・ベイルとカリム・ベンゼマが不在のチームを引っ張ってきた。今季は得点数が伸びないものの、チームで最も得点を期待できる選手であることに疑いはない。しかし、そんなロナウドは嫌なデータを持っている。

スペイン『スポルト』によると、ロナウドはサンティアゴ・ベルナベウでおこなわれたリーグ戦のクラシコで、PKでしか得点を奪ったことがない。2009-10シーズンからレアルでプレイするロナウドは、これまでリーグ戦でバルサと12度対戦している。そのうち6度のホームゲームで、2009-10の31節、2011-12の15節、2012-13の29節は無得点だ。

2010-11の32節、2013-14の29節、2014-15の9節の3試合は得点を決めたものの、これらはすべてPKだ。与えられたPKはしっかり決めているものの、チーム得点王がPKしか得点を奪う術がないのは物足りない。一方、バルサのエースであるリオネル・メッシはロナウド加入以降のサンティアゴ・ベルナベウでのリーグ戦で6ゴールを挙げており、こちらも差がついている。

今回のクラシコはメッシが復帰するかも不透明で、仮に復帰しても2か月間のブランクがある。ロナウドが主役になれる確率は高まっているが、今のところ主役になるためにはPKを与えてもらう以外に手段がない。今度こそ、流れの中からゴールを奪いたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ