チェフ、本当はヘッドギアを外したかったと語る

チェルシー時代から9年間着用

チェルシー時代から9年間着用

ヘッドギアは音が拾いづらくなると話すチェフ photo/Getty Images

チェコ代表GKペトル・チェフといえばヘッドギアを装着してプレイする姿が思い浮かぶが、本人はこれを外してプレイすることを望んでいるようだ。英『デイリー・メール』が伝えた。

「これを外せば僕はもっと自信をもってプレイすることができるだろう。耳に何か覆いかぶさっていれば、周囲の音が拾いづらくなってしまうものさ。でもドクターから禁じられていてね。もし外せば何も保証されないと言われたんだ」

アーセナルGKは9年間装着しているヘッドギアを外してプレイすることを希望した。チェフはチェルシーに所属していた2006年10月のレディング戦で相手選手と接触し、頭蓋骨を陥没骨折する重傷を負った。選手生命が危ぶまれるほどの大怪我だったが、驚異的な回復力を見せたチェフは約3カ月後に実戦に復帰。以降再発防止のために常にヘッドギアを装着している。

チェフは依然世界トップレベルのGKであり、今季から加入したアーセナルでも早速その実力を見せつけている。選手が安全にプレイできることが最も重要だが、本人が言う「自信をもったチェフ」がどれだけのプレイを見せられるのかはやや気になるところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ