パリでのテロに恐怖を感じるPSGの選手たち…… 戻りたくないと語る者も

代表に合流している時のテロに困惑

代表に合流している時のテロに困惑

世界的名手を揃えるパリ・サンジェルマン photo/Getty Images

13日にパリで起こった同時多発テロは、PSGに所属する選手に悲しみとショックを与える事件となった。現在は多くの選手が代表チームに合流しており、パリに家族や友人を残している者がほとんどだ。英紙『デイリー・メール』によると、数人の選手がパリに戻ることに恐怖を感じており、サッカーだけでなく家族の安全にも不安を覚えているようだ。

ブラジル代表のダビド・ルイスはパリで仕事をしなければならないと語りながら、恐怖があることも口にしている。

「パリには僕のガールフレンド、家族、友人がいる。彼らは今回の事件を悲しんでいるし、恐怖を感じている。僕はパリに戻ってどうすればいいのか分からないよ。僕の仕事はPSGのためにプレイすることだ。だけど、戻りたくないという気持ちもある」

また、ウルグアイ代表に合流しているエディンソン・カバーニは公の場ではコメントしなかったものの、チームメイトのアルバロ・ゴンサレスはカバーニが恐怖を感じていたと語っている。

「パリへの攻撃はフットボールと命を恐怖させた。カバーニは僕たちにパリに戻る道を選びたくないと言っていたよ」

パリは以前にもテロの被害に遭っており、選手とその家族にはさらなる恐怖が植え付けられたことだろう。今後PSGは21日にロリアンとアウェイゲームを戦い、28日にパリでトロワ戦をおこなうことになっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ