放出後にスーパースターに変貌! セリエAが活かせなかったタレント7名

ティエリ・アンリ(ユヴェントス→アーセナル)

ティエリ・アンリ(ユヴェントス→アーセナル)

ユヴェントスでは芽が出なかったアンリ 

ティエリ・アンリ(ユヴェントス→アーセナル)

アンリの例は有名だ。ユヴェントスはアンリをスピードスターとしか捉えず、サイドでプレイさせていた。それを変えたのがアーセナルのアーセン・ヴェンゲルで、ヴェンゲルはNewタイプのストライカーを探しているという理由からアンリをFWへコンバート。とんでもないストライカーへと変貌を遂げた。

イバン・エルゲラ(ローマ→エスパニョール)

エルゲラはセリエAに合う人材だった。中盤の底でもセンターバックでもプレイ可能で、エスパニョールから移籍したレアル・マドリードではスイーパーとしてもプレイしている。本人はMFの方がプレイしやすかったようだが、ローマはこのタレントを8試合しかピッチに立たせなかった。

パトリック・ヴィエラ(ミラン→アーセナル)

アーセナルの無敗優勝を支える原動力にもなったヴィエラは、アンリと同じくセリエAから流出したタレントだった。ミランは2試合しかヴィエラを起用せず、いとも簡単にアーセナルへと放出。その後ヴィエラはセリエAに戻ってきたが、やはりピークはアーセナルだった。

ロベルト・カルロス(インテル→レアル・マドリード)

超攻撃的サイドバックだったロベルト・カルロスは、守備を重視するイタリアでは正当な評価を受けなかった。指揮官のロイ・ホジソンは、より攻撃的なウイングでの起用を望み、これにロベルト・カルロスが合わなかったと言われている。その後レアルで銀河系軍団を支えるサイドバックになったことを考えると、やはり放出はもったいなかった。

フィリペ・コウチーニョ(インテル→リヴァプール)

当時はブラジルの次代を担うタレントと言われたコウチーニョだったが、インテルはまだまだ子供だったコウチーニョにサッカーの哲学を教えることができなかった。今でこそチームプレイヤーになっているものの、インテルでのコウチーニョはボールを持ちすぎる傾向にあった。さらに初の欧州挑戦だったこともあり、メンタルコントロールにも手を焼いていた。今リヴァプールで活躍している姿を見ると、育て上げられなかったことに後悔が残る。

デニス・ベルカンプ(インテル→アーセナル)

アーセナルは実に上手くセリエAからタレントを引き抜いている。ベルカンプはインテルでも活躍できなかったわけではないが、ピークはアーセナル加入以降だった。インテルではメディアとの関係も上手くいかず、散髪しただけで「プレッシャーに負けた」と批判されることもあった。ベルカンプの放出はセリエA全体のミスだったと言えるだろう。

ピエール=エメリク・オバメヤン(ミラン→サンテティエンヌ)

ミランのユースに所属していたオバメヤンは、10代の頃からスピードを武器にゴールを量産。しかしトップチームでは1度も出場機会を与えられず、レンタル移籍を繰り返した。そしてフランス・リーグアンでブレイクし、今やドルトムントで代えの利かないエースにまで成長している。今のミランにオバメヤンが残っていれば、単純なカウンターからでも得点が奪えたかもしれない。

こうして見ると、かなり豪華なタレントがセリエAから流出している。アンリやヴィエラはクラブと代表で一時代を築いた名選手で、最近ではコウチーニョやオバメヤンなど痛いミスを犯している。現在はユヴェントスDFダニエレ・ルガーニがなかなか出場機会を与えられずに苦労しているが、もう少し若手に目を向けた方が良いだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ