モイーズの後任はエウゼビオ! クライフのドリームチームから7人の指揮官生まれる

1992年のスタメンから7人の指揮官

1992年のスタメンから7人の指揮官

クライフのドリームチームから7人が監督に photo/Getty Images

9日にデイビッド・モイーズを解任したレアル・ソシエダは、後任にスペイン人のエウゼビオ・サクリスタンを迎え入れた。エウゼビオはセルタで指揮を執った後、2011年からバルセロナBを指揮していた人物だ。現役時代には現バイエルン指揮官ジョゼップ・グアルディオラとプレイした経験もあり、ヨハン・クライフに率いられたドリームチームの一員だった。

驚きなのは、当時のメンバーに指揮官としてキャリアを続けている人物が多いことだ。スペイン紙『マルカ』によると、クライフが率いた当時のドリームチームから7人もの指揮官が誕生している。グアルディオラ、エウゼビオ、サウサンプトンを率いるロナルド・クーマン、カタールのレフウィヤを率いるミカエル・ラウドルップ、マジョルカで指揮を執るアルベルト・フェレール、2013年までファン・アウリチの指揮官を務めたホセ・マリ・バケーロ、同じく2013年までCSKAソフィアを率いていたフリスト・ストイチコフの7人だ。もちろん最も成功を収めているのはグアルディオラで、当時のドリームチームでも頭脳はずば抜けている。

同メディアによると、この7人は1992年5月に揃ってスタメンに選ばれており、当時のスタメンから7人も指揮官が誕生しているのだ。このチームは1991-92シーズンにクラブ初のUEFAチャンピオンズカップ(現在のチャンピオンズリーグ)を獲得しており、まさにクラブの歴史を作ったチームだった。

同じようにグアルディオラに率いられて黄金期を迎えたバルセロナからも指揮官は生まれるのだろうか。グアルディオラの頭脳を受け継ぐシャビ、イニエスタ、メッシもマラドーナと同じように母国の代表監督就任を熱望されるだろう。その他のスペイン人選手もリーガ・エスパニョーラで監督を務める可能性は高く、指揮官としてキャリアが続いていくと予想されている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ