ドルトムントDF、指揮官を称賛。クロップとトゥヘルの違いを語る

「異常なほどに助けてくれる」

「異常なほどに助けてくれる」

コンバートされて活躍したDFマティアス・ギンター photo/Getty Images

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンターが、インタビューに応え、トーマス・トゥヘル新監督について語っている。

昨シーズンは不安定な出来で出場機会にも恵まれなかったギンターは、今シーズン、トゥヘル監督のもとでレギュラーとして活躍している。ドイツメディア『SPORT1』のインタビューで同選手は「僕を右サイドバックで使う監督はそんなに多くないんじゃないかな。何年もセンターバックとしてプレイしていたわけだしね。監督はポジションのことでは異常なほどに僕を助けてくれているよ」と、トゥヘル監督が今シーズンから慣れない右サイドバックでプレイすることが多くなった自身を手助けしていることを明かした。

また、「今までの監督と比較してどうか」という質問に対し、「すべての監督にそれぞれの考えがある。ユルゲン・クロップはモチベーターとして重要な存在だったし、トーマス・トゥヘルはより戦術面で影響を与えている。彼はより相手に合わせるね。クリスティアン・シュトライヒを思い出すよ」と、フライブルク時代の監督を挙げて、トゥヘル監督を説明した。

今シーズン好調のドルトムント。ギンターのこれからの活躍がまだまだ期待できそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ