やはりバルサはMSN頼みか、昨季のCKからの得点数が深刻に

プジョルのような選手が必要か

プジョルのような選手が必要か

CKからの得点が少ないバルサ photo/Getty Images

得点の大半をMSNに頼っているイメージがあるバルセロナだが、スペイン『マルカ』が注目すべきデータを発表している。

昨季のバルサはすべてのコンペティションで130本のコーナーキックを蹴る機会があり、リーグ戦とチャンピオンズリーグでそのうちの100本を蹴っている。何とこの100本のコーナーキックから1点も決まっていないのだ。昨季のバルサはリーグ戦だけで110得点決めているが、コーナーから点が取れていないのは驚きだ。

凄いと言うべきなのか、問題と捉えるべきなのか難しいところだが、やはりバルサは得点の多くをMSNに依存している。元よりバルサはDFラインも全体的に低く、4日のチャンピオンズリーグ・BATEボリソフ戦のDFラインで高いと言えるのは192cmのジェラール・ピケと191cmのセルヒオ・ブスケッツくらいだ。それに184cmのイヴァン・ラキティッチ、181cmのルイス・スアレス、180cmのトーマス・ヴェルメーレンが続く。この試合で180オーバーのフィールドプレイヤーは5名のみで、やはり小柄というイメージは拭えない。

同メディアもMSNの負担を軽減するためにもセットプレイからの得点率を高めることが必要と伝え、ルイス・エンリケ監督が最も改善を熱望する分野だと述べている。闘将のカルレス・プジョルがいた頃にはセットプレイも得点の大きなチャンスだったが、現在のチームにあれほど強烈にゴールへ飛び込む選手はいない。プジョルは178cmと大きくはないが、まさに 闘志で飛び込む選手だった。MSNに依存しすぎないためにも、プジョルのようにセットプレイからも得点を感じさせる選手が欲しいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ