ファン・ハール、再びスモーリングの名前間違える「マイケル・スモーリング」

チームを救うスーパークリアを見せたが……

チームを救うスーパークリアを見せたが……

ユナイテッドでプレイするスモーリング photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのファン・ハール監督が、再びクリス・スモーリングの名前を間違えた。

英紙『デイリー・メール』によると、ファン・ハール監督はCSKAモスクワ戦で無失点に抑えた守備陣を評価し、中でも後半32分のプレイはチームにとって大きなものだったと振り返った。そのシーンとは、相手FWセイドゥ・ドゥンビアがGKダビド・デ・ヘアと1対1になり、まずはドゥンビアのシュートをデ・ヘアがストップ。しかしデ・ヘアに当たってこぼれたボールをドゥンビアがもう1度シュートし、これを今度はスモーリングがスライディングで外に弾き出した。

スモーリングよりも先にゴールのカバーに入っていたアシュリー・ヤングがスリップしていたため、スモーリングが戻らなければ確実に失点していた場面だった。今季好調のスモーリングを象徴するような守備だったが、ファン・ハール監督はこのプレイを次のように振り返った。

「ダビド・デ・ヘアが我々を救い、その後マイケル・スモーリングが我々を救った」

チームの危機を救ったクリス・スモーリングはマイケルと名前を間違われてしまった。実はファン・ハール監督はプレシーズンにもスモーリングを「マイク・スモーリング」と呼び間違えたことがある。「マイク」は「マイケル」の愛称だから、彼の中ではスモーリングの名前は「マイケル」なのだろう。

スモーリングもこの呼び間違い騒動からサポーターにマイクと呼ばれることもあるようで、このあだ名は永遠に残ることになると語っている。プレシーズン中の呼び間違いではスモーリングの印象が薄いからだと思われていたが、どうやらチームのディフェンスリーダーになっても名前を間違われてしまうようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ