不調に喘ぐセスクが夢のベストイレブンを作成! 最も多く選ばれたチームは……

なかなかに渋いチョイスも

なかなかに渋いチョイスも

チェルシーでプレイするスペイン代表MFセスク・ファブレガス photo/Getty Images

今季チェルシーで難しい日々を送るスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、まだクラブへの愛情を失っていないようだ。

スペイン紙『スポルト』によると、セスクは雑誌の企画で自身が思う夢のベストイレブンを作成。自分を入れてのベストイレブンとなったが、前所属のバルセロナよりもチェルシーの選手の方を多く選んでいる。

〈GK〉
ティボ・クルトワ(チェルシー)

〈DF〉
右サイドバック:セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
センターバック:マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
センターバック:ジェラール・ピケ(バルセロナ)
左サイドバック: ダビド・アラバ(バイエルン・ミュンヘン)

〈MF〉
アンカー:マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)
インサイドハーフ:ポール・ポグバ(ユヴェントス)
インサイドハーフ:セスク・ファブレガス(チェルシー)

〈FW〉
右ウイング:リオネル・メッシ(バルセロナ)
センターフォワード:ルイス・スアレス(バルセロナ)
左ウイング:エデン・アザール(チェルシー)

セスクと仲が良いメッシ、ピケは当然のように選ばれ、MSNの一角として得点を量産するスアレスも入った。さらに自身と同じく今季苦しんでいるアザールもきっちり選んでいる。負傷で苦しんでいるクルトワも選ばれており、チェルシーで昨季通りのパフォーマンスを見せているのはアスピリクエタくらいという少々寂しいベストイレブンになった。それでもセスクは不調に陥る今だけを評価するのではなく、アザールらの能力を信頼しているのだろう。

アザールはベストイレブンにふさわしかったと言えるほどの活躍ができるだろうか。まだセスクはチームのエースを信じている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ